イビキ対策なら

いびきを解消する方法

いびきはタイプ別に解消方法があります。

 

太っている人のいびき解消法は、二重あごを改善したりマウスピースを着用したりするのが良いです。

 

二重あごの人は首周りに無駄な脂肪が付いているため、気道が狭くなっています。

 

二重あごを消すためには、まず舌を目一杯出し、少し下げて5秒間キープします。

 

そして舌を上げて5秒キープしたら自分の鼻を舐めるようにさらに上げて、5秒間キープします。

 

肩は上がらないように注意し、舌を右に向けて5秒間、左に向けて5秒間キープです。

 

舌を右回りと左周り、それぞれぐるりと1周させたら完了です。

 

マウスピースはドラッグストアでも売っていますが、サイズがピッタリ合ったものが良いので、歯医者に行ってオーダーメイドします。

 

マウスピースは首周りの脂肪を落とす効果はないので、二重あご対策エクササイズと一緒に行う必要があります。

 

あごが小さい人もマウスピースで解消することが多いです。あごが小さい人は幼い頃から柔らかい物ばかり食べてきた傾向があります。

 

噛む時の力が弱いため、筋肉が低下し寝ている時に下がる舌を支えることができません。

 

マウスピースはあごを前に出すタイプと、舌を前に出すタイプがあり、あご自体を出す方が一般的です。

 

鼻が詰まっていびきをかいている人は、鼻の通りが良くなるテープを使います。鼻が詰まっていると口呼吸になるので、いびきをかいてしまいます。

 

鼻の通りを良くするテープは、鼻腔拡張テープとして手軽に購入できます。

 

毎晩使うものなので、たくさん枚数が入っているものを選ぶと良いです。

 

扁桃腺が大きい人は、手術で治すしかありません。扁桃腺は幼い頃は大きくなりますが、中学生くらいになると小さくなります。

 

しかし大人になっても大きい人もいて、そのような人は扁桃腺が気道を塞いでしまっています。

 

扁桃腺を切る手術は1週間〜10日の入院が必要で、およそ15万円ほどかかります。

 

大人になってから小さくなることはほとんどないので、いびきに悩んでいるならば手術を受けます。